Top > 読書・読書会関連コラム

読書会、やってみません?[地方都市もこれから!] by てら このエントリーを含むはてなブックマーク

1
 

  
 2009年あたりから「読書会」の存在が、何度かメディアで紹介されてきました。
 
 特にアウトプット勉強会は新聞やテレビにも何度も紹介されるなど、その存在は非常に大きな影響力を持っていたかと。
 
 しかし、それも東京(首都圏)・名古屋に限定された状況であって、地方はそれほどの熱は見られません。
 
 右の画像は、私が運営する「読書会」に関するサイトへのアクセス状況です。Google Analyticsから、2011年1月9日までの直近1ヶ月のアクセス分布図をコピーしてきました。GoogleでもYahoo!でもずーっと「読書会」検索1位表示されていますので、まぁこの分布は読書会に興味を持っている人の分布と、かなりちゃんと相関していると思います。
 
 やっぱ大都市の人は意識が高いね〜なんて感心していてはいけません。時代をサバイバルする力を磨かなければならないのは地方も同じ。むしろ、地方こそ学ぶ機会が少ないわけですし、読書会や勉強会は貴重な存在になるはず。
 
 あなたも、サバイバル能力を磨く場として、読書会を活用してみませんか?

いろいろある!読書会の効用

 読書会に参加するってのは、本当にいろんな効用があるものなんですよ。
 

  • 意識が高く、志を共有できる仲間と出会える。
    蛇足ですが、その人の価値観とか興味が分かるので、婚活にも有効だそうです。(笑)
  • 質問力・コメント力・つっこみ力など、ファシリテーション能力を磨く実践の場が手に入る。
    主催者になる、ファシリテーターを積極的に買って出る、という姿勢が必要ですが!
  • 自分にない視点、思考が手に入る。
    外からのフィードバックは貴重です!(それをどう自分のものにするかという戦略は必要)
  • 定期的に参加することにより、学ぶモチベーションをキープするのに役立つ
    意識の高い仲間の存在はデカイ!これが飲み友達だと慰め合うだけで終わる可能性も。
  • 課題図書型読書会に参加すると、自分が普段読まないような本に触れられる。
    特に名著、古典、文学作品など骨のある本を読む場合、他人を巻き込むのは大事です。

 
 私自身、読書会とのおつきあいは大学1年生の時以来ですが、すごい人の本の読み方に触れたのも、自分の読書の底の浅さを思い知らされたのも、人生を変える1冊と出会ったのも、すべて読書会。(大学の時に参加した読書会サークル。合宿もありました!)

ひとまず既存の読書会参加してみよう!

 都市部であれば、まぁ誰か読書会をやってる人がいるでしょうから、まずは「都市名 読書会」で検索してみましょう。
 
 そこで見つかった読書会に、まずは参加してみる、と。
 
 ひょっとすると、そこで運命的な出会いがあるかも知れません。もちろん、自分の学びのデザインにそぐわない場合もあるかも知れません。その場合は違うところを探すか、自分が思う読書会を主催してみればいいわけです。
 
 いずれにせよ、最初は誰か他の人の会に参加してみましょう。ゼロから作るよりも、ある程度の情報とノウハウを学んでからの方が、よりよいものができる可能性が高くなります。

自分でやってみよう!

 私は自分が思う読書会を作りたかったので、最初から自分で作りました。(まぁ、ビジネス系の読書会は福岡にはありませんでしたし。)
 
 気の合う仲間と二人で飲みながらミーティングして課題図書を決め、知り合い関係にお誘いメールを出してスタート。準備は会場を用意しただけ。(最初は喫茶店でもOKかと。)
 
 集客はmixiにコミュニティを作っただけ。あとは仲間が勝手に友達を連れてきたって感じ。(まぁ、参加者は最大でも15〜16人ぐらいですね。)
 
 アウトプット勉強会の主催者タツヤさんも、友達と「読書会やろう!」って話をして、最初は4人で始めたそうです。それが今や会員、数千人規模。(会の参加者は、東京だと150人ぐらい)
 その規模になると会場の手配、受け付け、会費(会場費、通信費など)の集金など、おそろしく手間がかかりますのでマネージャー的な業務が発生します。(そのあたり、興味がある人はアウトプット勉強会に参加して学んでみてください。)

目的は明確に!

 主催するにせよ、参加するにせよ、一番大切なことは目的を明確にすること。
 
 本を読むことがメインなのか、自分の学びのモチベーションキープのためなのか、本や人との出会いが欲しいのか。それによって、読書会のスタイルも、本の読み方もまったく違ってきます。
 
 もし、デザインされた読書をしっかり創ろうって方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。d(^^*♪

参考にするといいかもっていう本とサイト

 読書会に関する書籍はかなりありますが、気楽に読めて「読書会やってみよう!」っていうモチベーションが上がるのは(具体的な読書会運営法も書いてあるし)次の2冊です。

中島 孝志
潮出版社
2010-11
posted by Amazon360

藤井 孝一
日本実業出版社
2008-10-23
posted by Amazon360

 あと、こちらのサイトも参考にしてみてくださいませ。
 
読書と読書会、そしてその周辺
猫町倶楽部
博多非凡塾読書倶楽部
福岡あかるい読書会
 
 ちなみに、超有名読書会(書籍プレゼン型)「リーディング・ラボ」ほか、読書会情報はmixiで探すとたくさん見つかりますよ。googleよりもmixiの方が間違いなく読書会情報が多い!

あなたの2010年の成長目標、ちゃんと達成できていますか?

 時代ってのは常に動き続けています。絶対的な安定なんてものは存在しないわけですよ。
 
 であれば、企業が生き残るには変化し、成長し続けなければなりません。
 
 でも、あたりまえのことなんですが「企業」ってのは実態のない存在なわけでして、そこで変化し成長し続ける主体は、そこに属するあなたなんです。
 
 だからこそ、あなたも学んでいるんですよね?
 
 では、なんです。
 
 その「学び」はちゃんとリターンが戻ってくるような投資になっていますか?
 
 お金を投資する場合、そのお金を投資した企業がちゃんと収益を上げる仕事をしているかチェックしますよね? 場合によっては株主総会で意見を言うでしょう。
 
 じゃ、時間を投資した投資先のチェックは、同じようにしてるんですかね?
 
 投資先は、もちろんあなた。そのあなたは、前年比でちゃんと成長していますか? 当初にもくろんだ成長目標は、ちゃんと達成できていますか?
 
 
 ということで、あなたのサバイバル能力が高まるような読書会と出会えることをお祈りしています!
 
※この記事はビジネス速読研究所コラムより転載しています。

読書・読書会関連コラム  posted on 2011年01月10日 : コメント (1) / トラックバック (0)

トップへ戻る 2011年の読書をデザインしよう♪#2 読書会、やってみません?[地方都市もこれから!] 読書の価値を高める7つの習慣 カテゴリ:読書・読書会関連コラムのトップへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.reading-circle.com/mt/mt-tb.cgi/64

コメント

カフェを運営しています
「読書会」については、2年前から友人に話しを聞き
当店で読書会を開けないか?
と考えていました
目的は、読書会を通じた人との出会い
それと、店舗集客
です
 
気軽にはじめてみたいとは思うのですが
お知恵をお借りできればと思い
コメントいたしました
 
よろしくお願いいたします

投稿者 にしむらしんご : 2011年04月21日 17:15

コメントしてください

※参加希望の方はコメント欄に書き込まず、主催者の方に直接ご連絡ください。





保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

トップへ