Top > 読書・読書会関連コラム

【言葉】流れに乗って読め! by てら このエントリーを含むはてなブックマーク

 エミール・ファゲ著 『読書術』より
 

 もはや書物は、断片的に、二十ページ位ずつしか読まれない。すなわち、読み終わったときでさえも、それは少しも読まれたのではない──読書においては、よく作られた著書を単に判断するためにばかりではなく、またそれを理解するためにも、連続性というものが必要であるから。

 
 フォーカス・リーディングの講座を受ける方に、受講前のアンケートをおこなっているのですが、その中でもっとも多い悩みというのが「読んだ内容が、あまり記憶に残っていない」というものです。
 
 実際、みなさん、雑に読んでいるわけではありません。ただ、丁寧に、時間をかけて読んでいらっしゃるのです。
 
 そして、悲しいかな、本というものは丁寧に読めば読むほどに記憶には残らないようになっているのです。
 
 逆に、「1冊を10分で読み、隣の人に概要を語る」という作業は非常にうまくいきます。しかも、時間が経っても、かなりの率で記憶に残っているものです。
 
 読み方を変えるだけで、こんなにも記憶に残るものなのか。これが受講者の率直な感想です。
 
 実際、超高速で一気に読み終えた方が、間違いなく記憶には残るものなのです。もちろん、記憶の原理に基づいて読むことが必要ですが。
 
 
 
 著者の主張を理解するためには、著者の主張の大枠・大筋を、まずしっかりと理解する必要があります。その上で、細部の事例や説明を丁寧に読むのです。学習の原則として「全体から細部へ」というものがありますが、読書でも同じこと。
 
 つまり、丁寧に読む前に、ざっとでいいから全体の「流れ」にフォーカスした読書が必要なのです。
 
 そうすることで、まずマクロを理解し、その中に適切にミクロの理解を位置づけていくような理解が可能になります。
 
 これは別に速読術を身につけているとか、いないとか、そういう問題ではありません。
 
 フォーカスを「概要・流れ」に置いて、サクサクと読むだけでいいのです。その上で必要に応じて、メリハリを考えながら丁寧に読み返す、と。
 
 
 
 本を読むのに、細切れ時間・隙間時間しか確保できないという方も、1回は確実に「通読(下読み)する」ような読書計画を用意してみてください。
 
 それだけで読書の「残り方」が劇的に変わります!
●●

読書・読書会関連コラム  posted on 2009年07月19日 : コメント (1) / トラックバック (0)

トップへ戻る 【言葉】速読?遅読? 【言葉】流れに乗って読め! 【言葉】“わるい良文”にご注意! カテゴリ:読書・読書会関連コラムのトップへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.reading-circle.com/mt/mt-tb.cgi/34

コメント

お世話になっております。ジャン・ジャック書房の新刊案内です。

『考える人・ルソー』

E・ファゲ 著   高波 秋 訳

四六判 279頁 本体1600円+税

ISBN978-4-9980745-8-8  C0010  ¥1600E

ルソーのすべての著書や書簡から、ルソーの正体を描き出す、興味ぶかい文を集めて、解説し、ルソーの本質を探り出した本です。著者のファゲも、ウラ方に留まっては、いません。ルソーと対等に、道徳、政治、教育、の諸問題と、直(じか)に、自由に向き合った結果が、鋭い寸評となって、随所にちりばめられています。たとえば、「愛や友情は、幻想に過ぎない。しかし、その幻想に抱かれる心ほど、生気ある実在は、ない」、「人が三人いるとして、二人が合意すれば、三人目の意見は無視してもよい、という、多数決の論理に、ルソーも、だまされている」、「ルソーは、フェミニストとなるには、女を愛しすぎた」、「民主主義は、人を、画一化している」、などなど。

 ルソーは、一般読者からの身の上相談に、親身に、答えつづけました。この本では、ルソーから読者への、いくつかの返信が、初めて紹介されています。

 ファゲは、この本を、ルソー生誕200年記念行事の一環として書きました。それから、さらに100年、人類は、さまざまの難題に、ぶつかって、迷路に入りそうになっては、正道に立ち帰るべく、悪戦苦闘中。そんな大衆の一人である訳者も、(訳註)、(付記)、小論などのかたちで、ルソーとファゲに向かって、現代人類の苦衷を訴えています。

ルソー研究の基本図書です。ぜひ、ご購入下さい。

(書店に在庫がない場合は、書店に、地方・小出版流通センター扱いの本であることを、お伝えください)


 メールか、FAXで、ご注文いただければ、送料、振込手数料、消費税は、当方負担で、お送りいたします。ご氏名、ご送付先と冊数をご明記の上、ご返信ください。折り返し、本書に、払込票を同封して、すぐに発送いたしますので、到着後、郵便局で、1600円×ご注文の冊数を、お支払いくださいますよう、お願い申し上げます。

maco@bell.ocn.ne.jp

ジャン・ジャック書房

TEL/FAX・03−3858−5067

投稿者 宮本昌子 : 2009年08月17日 20:29

コメントしてください

※参加希望の方はコメント欄に書き込まず、主催者の方に直接ご連絡ください。





保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

トップへ