Top > 読書・読書会関連コラム

デザインされた課題図書 by てら このエントリーを含むはてなブックマーク

 読書会を続けていく中で、ちょっとだけ主催者が意識をしておくといいかな、と思うことが1つあります。
 
 それは「読んだ本の内容が、相互に関連し、積み重なり合って蓄積していく」ように選書していくことです。
 
 学びってのは「復習」しないと積み上がりません。いい本をじっくり読んだとしても、それが自分の中に残り、生きてくるには「復習」が必要です。
 
 そして、それは「同じ本を何度も読む」ことか、「関連する本を一定期間後に読む」ことによって実現できます。
 
 後者は、学校教育でいえば、中1で方程式をやったら中2で2次方程式をやる・・・というような感じです。

 
 そういうわけで、博多非凡塾では選書はすべて私、寺田がおこない、初めての人でも楽しめるけど、前から参加している人はさらに学びが深まる、というようにデザインして選書しています。(基本的に1年先の選書まで決まっています。)
 
 以下、2008年から読んできた本です。★印は関連性を意識したもの。あるテーマが隠されています。そのテーマが何かは、ぜひ読んで考えて見てください。
 
Vol.01 『ビジョナリー・カンパニー』★AE
Vol.02 『影響力の武器』★B
Vol.03 『プロフェッショナルの条件』(ドラッカー)★C
Vol.04 『複雑な世界、単純な法則』★C
Vol.05 『学問のすすめ』(福沢諭吉)/日本の古典に触れようシリーズ第1回
Vol.06 『SQ』 超ハード系難解学術書 ★D
Vol.07 『武士道』(新渡戸稲造)  /日本の古典に触れようシリーズ第2回
Vol.08 『人を動かす』★C
Vol.09 [イベント]2008年、今年の1冊!発表会!!
※年末ということで、課題図書を設定しての読書会ではなく、今年1年の自分の読書を振り返りつつ、その成果を人にアピールする会。
Vol.10 『7つの習慣』★A
Vol.11 『第8の習慣』★D
Vol.12 『ビジョナリーカンパニー2』★A/D
Vol.13 『星の王子さま』★E
Vol.14 『知価革命』(堺屋太一)★A
Vol.15 『BCG流 非連続思考法』★E
Vol.16 『フォーカス』★E
Vol.17 『葉隠入門』(三島由紀夫) /日本の古典に触れようシリーズ第3回
Vol.18 『ヨシュア 〜自由と解放をもたらすひと〜』/読書会【初】となる文学作品 ★E
Vol.19 『君主論』(マキャベリ)★B
VOl.20 『プロパガンダ』★B
Vol.21 [イベント]2009年、今年の1冊!発表会!!
Vol.22 『「思考」の整理学』(外山滋比古)★E
Vol.23 『ビジョナリー・ピープル』★D
Vol.24 『自由からの逃走』(エーリッヒ・フロム)★E
 
 ちなみに、4月はみなさん多忙だろうという配慮で、あえて読みやすい本を選んでいます。
 
 それ以外の月は「この1冊で今月の読書は十分!」と言いたくなるような本ばかりです。
 
 速読もいいんですが、やっぱ基本は良書の熟読です。
●●

読書・読書会関連コラム  posted on 2010年03月15日 : コメント (0) / トラックバック (0)

トップへ戻る 読書の幅を広げるガイド デザインされた課題図書 下関ビジネスパーソン読書会 カテゴリ:読書・読書会関連コラムのトップへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.reading-circle.com/mt/mt-tb.cgi/49

コメント

コメントしてください

※参加希望の方はコメント欄に書き込まず、主催者の方に直接ご連絡ください。





保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

トップへ