Top > 読書・読書会関連コラム

【言葉】新刊書の価値 by てら このエントリーを含むはてなブックマーク

ショウペンハウエル著『読書について』より
 

 いつでもそのへんに掃き捨てるほどいる作家の新刊ものを、しょっちゅう彼らは読まなければならないと思っているのである。そのかわり、史上に残る希有の天才の作品は、ただ名前だけを知っておけばよいとしている始末である。

 

 読書に際しての心がけとしては、読まずにすます技術が非常に重要である。その技術とは、多数の読者がそのつどむさぼり読むものに、我遅れじとばかり、手を出さないことである。

 
 今時のビジネス書の著者としては耳が痛む言葉です。
 
 我々著者は、自分なりの体験が人様のお役に立てばと思って本を書くわけです。本を書く作業は決して投資対効果の高い仕事ではありません。それでも伝えたい思いがあるから書く。
 
 ですが、たとえば私が書いている言葉は、私が誰かから学んだ言葉であり、視点であり、理論です。言葉も思考が文化であり、教育によって作られてきたものである以上、それは免れられません。
 
 だから、私なんぞが書いていることは古典をひもとけば、必ずどこかで誰かが語っている。
 
 
 
 それでも著者は本を書く。
 
 であれば、読み手であるあなた、そして私は、そういう本とのつきあい方を、しっかりと考えておかなければなりません。
 
 1つには、常に自分のフォーカスで主体的に読むこと。
 
 1つには、常にその本を読む目的、フォーカスを明確にして、最大限の投資対効果を考えること。
 
 1つには、常に「読んだ後」を意識して、読んで満足しないこと。
 
 
 
 せっかく他者を巻き込み、他者の力を借りることができる読書会であれば、読みやすい、誰もが読んでいる新刊書ではなく、普段滅多に読まない本に挑戦してみてはどうだろう?と思います。
 
 あなたが「今の自分を越えていく」ために本を読み、「周りのライバルに差をつける」ために本を読んでいるのであれば、ひとまず売れ筋、お手軽系は手に取るべきではありませんね。
 
 さて、今月の東京アウトプット勉強会の課題図書「すべての経済はバブルに通じる」。これを主催者タツヤ氏がなぜ選んだのかをしっかり考えつつ、自分のフォーカスで読み直しておきましょうか!
●●

読書・読書会関連コラム  posted on 2009年07月08日 : コメント (0) / トラックバック (0)

トップへ戻る カフェFortune-21読書会 【言葉】新刊書の価値 【言葉】学びのための読み方 カテゴリ:読書・読書会関連コラムのトップへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.reading-circle.com/mt/mt-tb.cgi/28

コメント

コメントしてください

※参加希望の方はコメント欄に書き込まず、主催者の方に直接ご連絡ください。





保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

トップへ