Top > お薦め書籍&アイテム

『読書と社会科学』 by てら このエントリーを含むはてなブックマーク

 ちょっと古い本ですし、「社会科学」と限定的な書き方がされていますが、読書家必読の書だと、私は考えています。

 
 著者、内田義彦氏は経済学者ですが、その語り口は専門家然としておらず、また「経済学」、「社会科学」を切り口としつつも奥行きと広がりのある文章を書かれる方で、どの著書も非常に親しみやすいものばかりです。
 
 この本は「読書」と「読書会」を、どう深めていくか、あるいは「学問」をどう価値のあるものにしていくか、ということをテーマとして書かれています。
 
 読書をどう有益なものにするか。
 
 情報としての読書、古典としての読書という2つの読み方、「信じて疑え」という著者との対峙の仕方、読んだものを自分の中で深めていく時の「書け、而して書くな」というスタンス。私たちがついつい忘れている、というかそんな考え方なんか思いもよらないという視点を、わかりやすい筆致で投げかけてくれます。
 
 そして、学問によりかからず、常識にはまりこまず、自由な創造主体として、いかに学ぶか。
 
 読書を通じて学ぼうとする私たちにとって、本当に基本的で、しかも非常に重要な態度、あり方ばかり。
 
 まさに1冊丸ごと、ひとことひとことを大事にしながら、それこそ予断を捨て、常識を捨て、丸裸になりきってとことん「書かれている言葉」と闘っていただきたい、そんな1冊です。
 
内田義彦著 『読書と社会科学』
●●

お薦め書籍&アイテム  posted on 2008年06月05日 : コメント (1) / トラックバック (0)

トップへ戻る 「○○を読む」を読む? 『読書と社会科学』 おもしろ☆本棚 カテゴリ:お薦め書籍&アイテムのトップへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.reading-circle.com/mt/mt-tb.cgi/13

コメント

おもしろそうな本を紹介ありがとうございます!
さっそく買いました☆
またよろしくお願いします〜

投稿者 たけっし〜 : 2009年12月31日 13:51

コメントしてください

※参加希望の方はコメント欄に書き込まず、主催者の方に直接ご連絡ください。





保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

トップへ